包茎手術後の痛み|こんなときは来院しよう

痛みが強く出たらまず来院する

包茎手術自体は麻酔を用いるので、全く痛みを感じることはありません。しかし、麻酔が切れると痛みが出てしまう場合もあります。大半の病院では、万が一痛みが出たときに服用するように、痛み止めの薬を処方してくれるので通常であれば安心できます。痛みの程度は人それぞれで異なるので、場合によっては強く出てしまうこともあるのです。

痛み止めの薬を使っても症状が全然改善されない、1度治まってもまた強く出てしまう場合には、無理をしないで包茎手術を行った病院に来院しましょう。その際にはどこの辺りが強く痛むのか、ズキズキする、ヒリヒリするなどどのような痛みが出ているのかも詳しく医師に説明すると、病院側も対処しやすくなります。

包茎手術はペニスの病気や嫌な臭い、自信喪失などを改善できる方法ですが、やはり皮膚を切る作業が必要になるので、痛みは多少残ります。ただし、きちんとした病院で行えば、全く不安になる必要はありません。

包茎手術後に出る症状

包茎手術を行った後は、痛み以外にもいろいろな症状が出る場合もあります。例えば包茎手術を行った場所がかゆくなる、赤いブツブツができるなどです。包茎手術を行った後は、かゆくても引っ掻いてはいけませんので、強く出る場合には来院しましょう。

強弱は別として、包茎手術後に痛みが出ることはよくあるのですが、かゆみやブツブツなどは大半の人は発症しないと思って問題はありません。そのため、我慢できる程度のかゆみであれば無理に来院をする必要はありませんが、軽くてもしばらく痒みが続く場合や、くすぐったいような違和感がずっと残る場合には来院した方がよいでしょう。

赤い斑点などは自分で見なければわかりませんので、毎日確認することをおすすめします。他にも傷跡が変色している、膿が多く出ているなど、気になった点があればすぐに来院しましょう。医療機関によってはアフターケアも料金に含まれており、期間限定ですが無料で対処してくれることもあります。

まとめ

包茎手術が完了しても、しばらくはきちんと様子を見なければいけません。もし痛みやかゆみなどの症状が出た場合、患部の状態が変だと感じた場合には、そのまま放置しないで包茎手術を行った医療機関に来院しましょう。できるだけ早く来院することで、今の症状を早く治せる可能性が高まります。手術後にはアフターケアについてもきちんと説明してくれるので、決して不安になることはありません。医師の指示に従って生活し、万が一のときは来院することを心がければよいのです。